2013年7月8日月曜日

時を越えた写真

金属トラス鉄道橋

お茶計量作業場と雪の反射光

鳥を仕留めたタジクの老人

牧草の収穫

 とても100年以上前の写真とは思えないこれらのカラー写真が、私は好きです。セルゲイ・ミハイロヴィチ・プロクディン-ゴルスキー(1863-1944)は、革命前の帝政ロシアの様子を三枚のカラーフィルターを使って撮影していました。そして、これを処理すると1枚のカラー画像が得られたのです。中世の教会から新興産業機械、多様な人々の日常生活が、今その場に居るような空気感を伴ってリアルに記録されていたのです。この写真に写っている殆どの物や人は、我々が生まれる時には既に過去に消えていたものだったのです。記録とは…凄いものです。


リンク:

http://www.loc.gov/exhibits/empire/index.html
The Prokudin-Gorskii Photographic Record Recreated: The Empire That Was Russia
(米国議会図書館(原文))


amazon





0 件のコメント:

コメントを投稿

GoogleアカウントかOpenIDをお持ちの方がコメントできます